Smooth File ネットワーク分離モデル

Smooth File ネットワーク分離モデル Ver5.3.3401 リリース

2022年 06月 30日

本パッチは冗長構成で運用されている環境の場合、別途スタンバイ機専用パッチが必要となります。
冗長構成で運用されている場合は別途弊社サポート(support@plott.co.jp)までお問い合わせください。

 

【不具合の修正】
(1) Smooth File側のユーザーに「ファイル転送 自動BCCアドレス」を設定した状態で、Smooth File連携(外部転送)すると、登録に失敗する不具合を修正しました。
(2) 添付ファイルからパスワード付きの一部のOfficeファイル(拡張子:doc, dot, xls, xlt)、一太郎ファイル(拡張子:jtd, jtdc)、花子ファイル(拡張子:jhd)をダウンロードした場合、パスワードを確認ダイアログが表示され、ダウンロードできない不具合を修正しました。
(3) UTF-8でエンコードされているcsvファイルを無害化すると、BOM付きUTF-8となる問題を修正しました。
(4) ファイル転送において、ダウンロード有効期限を過ぎても、上長によるダウンロード操作が可能になっていた不具合を修正しました。
(5) 月次ログバックアップ機能において、最終日のログが取り込まれていない不具合を修正しました。
(6) オプション>MIME TYPE管理 画面のMIME TYPE確認機能を調整しました。 下記拡張子において、application/octet-stream と表示されてしまっておりましたが調整により正しく表示されるようになります
    対象拡張子:dwg, jww, wdp, vsdx, vsdm, vstx, xdw, xbd, xct
(7) 特殊な操作を行った場合、一時フォルダが削除され無害化に失敗する不具合を修正しました。

 

【機能の追加】
(1) 外部との通信用にルートCA証明書を登録する機能を追加しました。
(2) アンチウイルス設定に待機時間設定の項目を追加しました。
  本機能により、ウイルススキャンで同時処理上限を超えた場合ウイルスファイルと判定されていた仕様が、処理数が空くまで設定されている時間待機する仕様に変更されます。
  待機時間を超えた場合はウイルススキャンができないため、ブラウザ操作では「システムが混み合っておりますので後ほどご利用ください。」のエラーメッセージを返し、フォルダ連携ではerrorフォルダへとファイルを移動します。
  (フォルダ連携のエラー通知メールを設定している場合は、通知メールの送信もあわせて実施します)
  ※件数上限はマニュアルの「アンチウイルス設定」と「マルチスキャン設定」それぞれの「ウイルススキャン設定」を参照してください。
  また、マルチスキャンをご利用の場合は、片方が待機時間に抵触しても、もう片方のスキャンで正常なファイルと判断していればウイルス無しファイルとして扱われます。
(3) ファイル転送、添付ファイル、返信ファイルからのダウンロードしている間、オーバーレイがかかった状態で「しばらくお待ちください」のメッセージを表示し暗転するように調整しました。
(4) ログアウト操作時に遷移する画面を設定する機能を追加しました。

 

【その他調整】
(1) 月次ログバックアップ機能でCIFSを使用する場合、CIFSのセキュリティ強化を行いました。
(2) フォルダ連携時において、エラー終了のsyslog出力内容を調整・追加いたしました。
(3) 旧アンチウイルスの仕様(上限2GB)の記載が残っていた為、画面上から削除しました。
(4) 画面表示時にキャッシュが残ることで正常に表示されない現象があった為、キャッシュの取得タイミングの調整を行いました。
(5) バージョンアップ画面にバージョンダウン出来ない旨を追記しました。
(6) マニュアルを改訂しました。

 

【管理者側への影響、注意点】
(1) サーバーの再起動は不要となります。
(2) Fast Sanitizer連携をご利用の場合は、Fast Sanitizerのバージョンに関しても最新(Ver1.7.10)にアップデートいただくようにお願い致します。
  一方の製品のみバージョンアップを行った場合、連携に失敗する恐れがございます。
(3) Internet Explorerにつきましては、メーカーのサポートが2022年6月15日に終了しましたので、当社製品においてもInternet Explorerは動作保証外のブラウザとさせて頂きます。
(4) その他調整(1)の改修において、CIFSでの接続をVer2.0とさせていただきました。SAMBA/CIFSがVer2.0に対応していない(Ver1.0のみ対応している)NASへのログ転送ができなくなります。
(5) その他調整(3)の調整において、対応しているファイル形式の場合、MIME TYPE確認時に以下のMIME TYPEが返されるようになります。 標準で登録されているMIME TYPEになっていますが、該当のMIME TYPEを削除している場合、ファイル転送登録、添付ファイルのダウンロード、返信ファイルのダウンロードで行われるMIME TYPEチェックにてエラーとなります。
    拡張子 dwg の場合、application/dwg
    拡張子 jww の場合、application/jw_cad
    拡張子 wdp の場合、image/vnd.ms-photo
    拡張子 vsdx, vsdm, vstx, vstm の場合、application/vnd.ms-visio.viewer
    拡張子 xdw, xbd, xct の場合、application/vnd.fujixerox.docuworks

 

【ユーザー側への影響、注意点】
(1) アップデート後、画面のレイアウトが崩れる等の事象が発生している場合は、ブラウザのキャッシュをクリアして頂きますようお願い申し上げます。
(2) Internet Explorerにつきましては、メーカーのサポートが2022年6月15日に終了しましたので、当社製品においてもInternet Explorerは動作保証外のブラウザとさせて頂きます。

製品TOPページへ戻る

Page Top