Smooth File ネットワーク分離モデル

Smooth File ネットワーク分離モデル Ver5.3.3101 リリース

2021年 09月 30日

【不具合の修正】
(1) 「ユーザーが無害化モードを選択する」が「yes」の場合、フォルダ連携においてsendフォルダでの連携ができなくなる不具合を修正しました。
(2) Office無害化モードを「カスタムモード」に指定している場合、対象外「doc」「xls」「ppt」の無害化において「カスタムモード」設定が影響している不具合を修正しました。
(3) 文字コードがUTF8のCSVを無害化すると、文字コードがShift_JISに変換されてしまう不具合を修正しました。

(4) フォルダ連携で、ユーザーコードが他のユーザーコードと前方一致している場合、取込処理が行われない不具合を修正しました。
(5) Smooth File連携でのダウンロードにおいて、PDF化処理でも無害化のホワイトリストが適用される不具合を修正しました。
(6) Temp Box連携時にメールの大文字小文字違いの同一メールアドレスが連携された場合に登録に失敗する不具合を修正しました。
(7) Open Ldap 連携時に、rdn に uid 以外を指定している場合、正常にユーザーが取り込まれていない不具合を修正しました。
(8) 拡張子「7z」の場合、MIME-TYPEが正常にチェックされていない不具合を修正しました。
(9) 無害化した一部のファイルを再度無害化すると失敗する不具合を修正しました。
(10) 一部の環境において、一覧が表示できなくなる不具合を修正しました。
(11) 双方向SAMBAサーバーについて、コンソールで設定できるIP制限が正常に動作していない不具合を修正しました。
(12) ユーザー詳細ログに「無変換転送権限」「職員管理権限」の項目が表示されていない不具合を修正しました。
(13) 英語表示時に、ウイルス定義ファイル更新画面で日本語表記が残っている不具合を修正しました。

(14) ファイルを選択する箇所にフォーカスがある状態でDELキー等を押すと、ファイル選択欄が増える不具合を修正しました。

(15) セグメント管理画面でのMetaDefenderCore連携の拡張制限のテキストボックスの大きさが他の項目と異なる不具合を修正しました。

 

【機能の追加】
(1) Officeファイル 及び  PDFファイルのパスワード付きのファイルを無害化した場合、無害化後パスワードを再設定できるようになりました。
(2) ファイル名で無害化のホワイトリストに登録できるようになりました。

(3) ユーザー単位にアップロード可能な総容量を設定できるようにしました。
(4) Smooth File連携(外部転送)で、アドレス帳が使用できるようになりました。
(5) パスワードで使用できる記号を追加しました。

※使用できる記号については、マニュアルに記載しています。

 

【その他調整】
(1) Excelファイルの無害化・PDF化において、デフォルトパスワードに対応しました。
(2) LDAP連携エラー時に、詳細なログをsyslogに出力するようにしました。
(3) オプション画面での表示されている文言の調整を行いました。
(4) 無害化ライブラリの整理を行いました。
(5) 脆弱性対応を行いました。
(6) マニュアルを改訂しました。

 

【管理者側への影響、注意点】
(1) サーバーの再起動が必要になります。
(2) Fast Sanitizer連携をご利用の場合は、Fast Sanitizerのバージョンに関しても最新(Ver1.7.7)にアップデートいただくようにお願い致します。
一方の製品のみバージョンアップを行った場合、連携に失敗する恐れがございます。
(3) Smooth File連携をご利用の場合は、Smooth Fileのバージョンに関しても最新(Ver6.20.0)にアップデートいただくようにお願い致します。

一方の製品のみバージョンアップを行った場合、連携に失敗する恐れがございます。

(4) Office無害化モードが「標準モード」の場合、Officeファイルの再暗号化設定をご利用できません。

 

【ユーザー側への影響、注意点】
(1) アップデート後、画面のレイアウトが崩れる等の事象が発生している場合は、ブラウザのキャッシュをクリアして頂きますようお願い申し上げます。

製品TOPページへ戻る

Page Top