Smooth File ネットワーク分離モデル

Smooth File ネットワーク分離モデル Ver5.3.2901 リリース

2021年 03月 31日

本パッチは冗長構成で運用されている環境の場合、別途スタンバイ機専用パッチが必要となります。
冗長構成で運用されている場合は別途弊社サポート(support@plott.co.jp)までお問い合わせください。

 

【不具合の修正】
(1) 添付ファイル連携でパスワード付きファイルを受信した際に、パスワード未入力やパスワード誤入力でダウンロードした場合に、syslog出力が正しくされない不具合を修正しました。
(2) フォルダ連携データ自動削除バッチにおいて、「OPSWAT MetaDefender Core」連携で使用するフォルダ内のデータが自動削除されていない不具合を修正しました。
(3) 「MIME TYPE管理」で登録されている内容を削除する際に、いずれかの項目に「+」が含まれていると削除に失敗する問題を修正しました。
(4) フォルダ連携でのアップロード時に、禁則文字チェックがされていない不具合を修正しました。
(5) IE11で互換表示設定が有効時、Smooth File 6連携での外部転送を許可しない設定にも関わらず、ファイル転送送信画面に外部転送に関連する項目が表示される不具合を修正しました。
(6) 上長承認タイプが「全員が承認したら登録を許可する」の設定で登録されたファイル転送データの承認画面において、他の承認者が未承認かつ自身が承認済みのデータに関して以下の修正を行いました。
  ・承認一覧の「承認」欄が「未」になっているのを「済」と表示されるよう修正
  ・未承認一覧の絞込みでも、自身が承認済みのデータが表示されていたのを、表示しないよう修正
  ・承認一覧で「却下」ボタンを押した場合に、「却下済」のメッセージが表示されていたのを修正
  ・承認詳細画面で「承認」「却下」ボタンが表示されていたのを、表示しないよう修正
(7) セグメント編集画面で「Smooth File 6連携設定」の設定を変更し登録した際に、別の項目でエラーがあった場合に「Smooth File 6連携設定」で選択した項目がリセットされる不具合を修正しました。
(8) ファイル転送登録処理において、「OPSWAT MetaDefender Core」連携情報の登録時にバリデーションチェックでエラーになった場合のsyslog出力内容に誤りがあったのを修正しました。
(9) 添付ファイル連携の承認画面で、ダウンロード回数が0回になったファイルを承認者がダウンロードできない不具合を修正しました。
(10) Smooth File 6連携オプション無効化パッチが適用された環境において、ファイル転送設定画面の「登録」「リセット」「戻る」ボタンが表示されない不具合を修正しました。
(11) Smooth File 6連携オプション無効化パッチが適用された環境において、「送信者」のグループ権限編集時にエラーが発生して編集できない不具合を修正しました。
(12) Smooth File 6連携において、外部転送返信ファイルダウンロード時に、複数のパスワード付きZIPファイルを一括ダウンロードした際に表示されるパスワード入力画面において、正しいパスワードと間違ったパスワードをそれぞれ入力した場合に正常にダウンロードできない不具合を修正しました。
(13) 添付ファイル連携時に発行されるURLにSAML連携でログインした場合に、添付ファイルの詳細画面は表示されるが、連携されたファイルが表示されない不具合を修正しました。

 

【機能の追加】
(1) セグメント情報編集画面の「Office無害化モード」に「カスタムモード」を追加しました。
(2) サブスクリプションライセンスに対応しました。
(3) 3セグメントでのフォルダ連携に対応しました。
※別途、機能を有効化するためのパッチを適用していただく必要がございます。
※現在、3セグメントでご利用のお客様は、本機能を利用する場合はフォルダ連携オプション(有償)をご契約
していただく必要がございますので、ご希望の場合は担当営業までお問い合わせください。
(4) セグメント情報編集画面の「無害化設定(セグメント名)」に、「送信時のコメント入力必須」の項目を追加しました。
※本項目により、ファイル転送登録時に「コメント」欄の入力を必須にする設定が可能になります。
(5) セグメント情報編集画面の「無害化設定(セグメント名)」および「無害化設定(添付ファイル)」に、「ホワイトリスト(無害化)」の項目を追加しました。
※本項目により、無害化でのアップロード/ダウンロード時に無変換とする拡張子をホワイトリストとして登
録可能になります。
(6) 無害化エンジンを刷新し処理パフォーマンスを向上させました。

 

【その他調整】
(1) 3セグメントオプション有効時、ファイル転送送信画面の「送信先」の選択肢に表示されるセグメント名をセグメントID順に表示するよう調整しました。
(2) 3セグメントオプション有効時、セグメント情報編集画面の「無害化設定(セグメント名)」のセグメント名をセグメントID順に表示するよう調整しました。
(3) Smooth File 6連携において、外部転送の送信時および返信ファイルダウンロード時のタイムアウト値を調整しました。
(4) フォルダ連携時のファイルチェック処理のパフォーマンス改善を行いました。
(5) バイナリ除去モードで「pptx」「pptm」の無害化時、動画ファイル(mp3,mp4)が添付されている場合、対象を除去ではなく無害化するよう調整しました。
(6) 文言管理に、アクセシビリティモードの「過去履歴一覧(送信) 」を変更できる項目を追加しました。”
(7) 操作ログの「対象」項目にユーザー名が記載されていたログに関して、セグメント名も表示するよう調整しました。
(8) セグメント編集画面の各種ラジオボタンにおいて、テキスト部分クリックで選択できるよう調整しました。
(9) コンソールの「11) setting static route」で設定完了後に、eth2の再アクティベートを実行するよう調整しました。
(10) マニュアルを改訂しました。

 

【管理者側への影響、注意点】
(1) サーバーの再起動は不要となります。
(2) Fast Sanitizer連携をご利用の場合は、Fast Sanitizerのバージョンに関しても最新(Ver1.7.5)にアップデートいただくようにお願い致します。
  一方の製品のみバージョンアップを行った場合、連携に失敗する恐れがございます。

 

【ユーザー側への影響、注意点】
(1) アップデート後、画面のレイアウトが崩れる等の事象が発生している場合は、ブラウザのキャッシュをクリアして頂きますようお願い申し上げます。

製品TOPページへ戻る

Page Top