Smooth File ネットワーク分離モデル

Smooth File ネットワーク分離モデル Ver5.3.2801 リリース

2020年 12月 25日

【不具合の修正】
(1) ブラウザのウィンドウ幅が小さい場合に、セグメント情報編集画面で拡張子制限のテキストボックスが画面内に収まっていない不具合を修正しました。
(2) ユーザー数が多い場合(数万人規模)、トラブルシューティング機能で一部情報が正常に取得できない不具合を修正しました。
(3) 一部の「mp4」のファイルが無害化後、再生できなくなる問題を修正しました。
(4) 以下条件の何れかに該当するユーザーで、フォルダ連携時にerrorフォルダに移動したファイルが手動で削除できない不具合を修正しました。
  ・新規にユーザー作成後、フォルダ再構築が行われていない
  ・フォルダ連携でエラー時に、errorフォルダが新規に自動作成された
(5) 添付ファイルの自動削除設定において「ダウンロード済みのみ削除」の設定になっていた場合、片側セグメントのみでしかダウンロードしていない添付ファイルデータが、自動削除されない場合がある不具合を修正しました。
(6) 「pptx」「pptm」のファイルをバイナリ除去モードで無害化後、Office365で開くと一部画像が表示できない問題を修正しました。
(7) アクセシビリティモードにて複数ファイルを圧縮したファイルをアップロードした場合、詳細画面の無害化内容欄がファイル別に改行されずに表示される不具合を修正しました。
(8) 添付ファイルを無害化モードで一括ダウンロードした際に、タイムアウトした場合のsyslogの出力内容がマニュアルの記載と異なっている不具合を修正しました。
(9) Fast Sanitizer連携かつ無害化(allow text)の設定で、テキストファイルと無害化対象ファイルを同時にアップロードした場合に、テキストファイルのファイル名が変更されてしまう不具合を修正しました。
(10) 一部の冗長構成の環境において、大容量ファイルをアップロードするとメモリエラーが発生し、無害化処理が失敗する不具合を修正しました。
(11) アクセシビリティモードにてファイル名に”&”を含むファイルをアップロードすると文字化けする不具合を修正しました。
(12) パスワード付きJTDCファイルを無害化した際のエラーメッセージが「無害化対応のファイルではありません。」と出力されていたのを「パスワードが設定されています。」と出力されるよう修正しました。
(13) 「xlsx」「xlsm」「docx」「docm」「pptx」「pptm」のファイル無害化でメモリが不足しエラーが発生した場合に、一時ファイルが残留しログが出力されない問題を修正しました。
  ※メモリ残量によっては全ての処理ができない場合がございます。
(14) Smooth File 6連携において、ファイル転送 送信の詳細画面に表示される返信ファイルの「返信日時」に、タイムゾーン設定が反映されていない不具合を修正しました。
(15) 権限パスワードがついた「pdf」ファイルが、誤ったパスワードを入力した場合に、無害化に失敗する不具合を修正しました。
  ※権限パスワードは暗号化しないため、パスワードによる復号は必要ありません。
(16) SSL設定の証明書インストールにて、証明書データの妥当性チェックが不十分であった不具合を修正しました。
(17) フォルダ連携において、他ユーザーのアップロード処理プロセスとバッティングし、正常にアップロードできない場合がある不具合を修正しました。
(18) フォルダ連携用のフォルダ名に()が含まれている場合、トラブルシューティング機能において一部情報が正常に取得できない不具合を修正しました。
(19) フォルダ連携用のフォルダ名に()が含まれている場合、フォルダ再構築が正常に動作しない不具合を修正しました。
(20) 「xlsx」「xlsm」のファイルで「改ページ」「改ページプレビュー」機能を利用している場合、無害化後に一部ファイルが破損する問題を修正しました。
(21) フォルダ連携において、処理が異常終了した場合に送信用フォルダ内にエラーファイルが残存し続けていたのを、errorフォルダに移動するよう修正しました。
  ※異常終了の内容やタイミングによっては、本修正が反映されない場合がございます。
(22) OPSWAT MetaDefender Core連携機能において、上長承認を行う場合、承認依頼メールの宛先が送信者自身になっている不具合を修正しました。
(23) IE11において、Smooth File 6連携設定の登録/編集画面でLDAP連携先取得ボタンをクリック後、プルダウンメニューが正常に表示されない不具合を修正しました。
(24) Smooth File 6連携オプションが有効時、グループ権限設定で「受信者」の設定が変更できない不具合を修正しました。
(25) ファイル無害化オプションが無効かつSmooth File 6連携オプションが有効時、外部転送の返信ファイルを一括ダウンロードすると文字化けが発生する不具合を修正しました。
(26) ファイル暗号化オプションおよびSmooth File 6連携オプションが有効時、外部転送登録時に作成される一時ファイルが削除できていない不具合を修正しました。

 

【機能の追加】
(1) Smooth File 6連携において、送信ファイル無し+返信のみ での外部転送登録に対応しました。
(2) Smooth File 6連携において、外部転送の返信ファイルダウンロード時の上長承認機能を実装しました。
  ※返信元のセグメントの上長承認設定を参照するため、設定によっては上長承認が不要な場合もございます。
(3) Smooth File 6連携において、外部転送の返信ファイルダウンロード時の無害化モード選択機能を実装しました。
  ※返信元のセグメントの無害化設定を参照するため、設定によっては無害化モードが固定で選択できない場合
もございます。
(4) ユーザーのパスワード変更に関する操作ログを追加しました。
  ・パスワード変更
  ・パスワード変更(職員更新)
  ・パスワード変更(職員インポート)

 

【その他調整】
(1) フォルダ連携において、SMBに関わるサーバーログの出力内容を調整しました。
  ※パッチ実行時にSMBの再起動を行います。
  ※双方向SMBの場合、SMBサーバー側の設定も書き換えますが、Smooth File ネットワーク分離モデルとSMBサーバー間でpingおよびSSHが通る必要があります。
(2) ActiveDirectory連携設定にて「LDAP自動同期」が「使用しない」に設定されている場合でも、Temp Box連携時にユーザーの新規作成が行われるよう仕様変更しました。
(3) ファイル転送送信時のアップロード処理のパフォーマンス改善をしました。
(4) 添付ファイルの自動削除処理のパフォーマンス改善をしました。
(5) Smooth File 6連携において、外部転送の返信ファイルの無害化内容を「外部転送 返信ファイルダウンロード」ログの詳細画面に表示しました。
(6) マニュアルを改訂しました。
  マニュアル改訂内容
  【管理者マニュアル】
   ・「13.2 ログ管理 一覧」の「作業内容一覧」にパスワード変更のログを追加
    ・「55.11 外部転送 送信詳細 返信ファイル情報」を追加
    ・「55.14 返信ファイル 承認一覧」を追加
    ・「62.3 無害化失敗」に大容量のPDFファイルの説明を追加
  【ユーザーマニュアル】
   ・「11.2 ログ管理 一覧」の「作業内容一覧」にパスワード変更のログを追加
   ・「19.7 外部転送 送信詳細 返信ファイル情報」を追加
    ・「19.10 返信ファイル 承認一覧」を追加
    ・「24.1 無害化失敗」に大容量のPDFファイルの説明を追加

 

【管理者側への影響、注意点】
(1) 冗長構成の場合、アップデートパッチ適用後にサーバーの再起動が必要です。
  冗長構成でない場合は不要です。
(2) Smooth File 6連携をご利用の場合は、Smooth File 6のバージョンに関しても最新(Ver6.17.0)にアップデートいただくようにお願い致します。
  一方の製品のみバージョンアップを行った場合、連携に失敗する恐れがございます。
(3) Fast Sanitizer連携をご利用の場合は、Fast Sanitizerのバージョンに関しても最新(Ver1.7.4)にアップデートいただくようにお願い致します。
  一方の製品のみバージョンアップを行った場合、連携に失敗する恐れがございます。

 

【ユーザー側への影響、注意点】
(1) 適合後はブラウザのキャッシュを必ず消してください。
  キャッシュが残っていると画面表示の不具合や一部操作ができなくなる恐れがございます。

製品TOPページへ戻る

Page Top