Smooth File ネットワーク分離モデル

Smooth File ネットワーク分離モデル Ver5.3.2701 リリース

2020年 10月 16日

本バージョンアップで実装される、Smooth File 6連携機能は標準オプションとなります。
ただし、本機能をご利用頂くには、別途Smooth File 6および同製品のAPI連携オプション(有償)のご契約が必要となります。

 

【不具合の修正】
なし

 

【機能の追加】
(1) Smooth File 6連携機能を実装しました。 ※次ページの【管理者側への影響、注意点】を必ずご確認ください
  以下(2)~(8)は、本機能により追加した内容になります。
(2) オプションタブに「Smooth File 6連携設定」を追加しました。 ※1
(3) 「ファイル転送設定」に「外部転送(Smooth File 6連携)」の設定項目を追加しました。 ※1
(4) 「メール文言設定」に「外部転送メール」の設定項目を追加しました。 ※1
(5) 「グループ権限設定」の「送信者」の編集画面に「外部転送(Smooth File 6連携)」の設定項目を追加しました。 ※1
(6) 「セグメント管理」の編集画面に以下項目を追加しました。
    ・〇〇から外部への転送可否 ※1
    ・Smooth File 6連携設定 ※2
    ・Smooth File 6で上長承認 ※2
    ・Smooth File 6でウイルススキャン ※2
     ※「〇〇」には送信先のセグメント名が表示されます
(7) ファイル転送 送信一覧に「送信先メールアドレス」の項目を追加しました。 ※2
(8) ファイル転送 送信画面に「転送タイプ」の項目を追加しました。 ※2

 

※1:Smooth File 6連携オプションが有効時のみ表示されます
※2:「セグメント管理」で送信先セグメントへの外部転送が許可されている場合のみ表示されます

 

【その他調整】
(1) 3セグメントオプション有効時、ファイル転送 送信画面の「送信先」項目の表示位置を、「送信ファイル」項目の下に移動しました。
(2) マニュアルを更新しました。

 

【管理者側への影響、注意点】
(1) Smooth File 6連携は標準オプションとなりデフォルトで機能が有効化されています。
  外部転送を利用しないお客様の場合、セグメント管理で外部転送を許可する設定にしない限りは、既存の運用に影響はございません。
  Smooth File 6連携を無効化したい場合は、別途オプション無効化パッチを適用する必要がございますので、弊社サポート窓口までお問い合わせください。
(2) Smooth File 6連携をご利用頂くには、連携先のSmooth File 6がVer6.16.0以上である必要がございます。
  Ver6.16.0未満での動作は保証致しません。
(3) その他、Smooth File 6連携機能における注意事項等に関しましては、管理者マニュアルの「55.15 Smooth File 6連携の注意事項・免責事項」をご確認ください。
  Ver5.3.2701にバージョンアップ後、管理者でログイン頂き、画面右上の「ヘルプ」から管理者マニュアルを表示できます。
(4) アップデートパッチ適用後にサーバーを再起動する必要はありません。
(5) ファイル転送の登録データ件数が多いと、パッチ適用に長時間かかる恐れがございます。
  適用まで時間がかかりましてもしばらくお待ちください。

 

【ユーザー側への影響、注意点】
(1) 適合後はブラウザのキャッシュを必ず消してください。
  キャッシュが残っていると画面表示の不具合や一部操作ができなくなる恐れがございます。

製品TOPページへ戻る

Page Top