Smooth File ネットワーク分離モデル

【冗長構成】Smooth File ネットワーク分離モデルのバージョンアップ手順について

2019年 06月 25日

Smooth File ネットワーク分離モデルの冗長構成におけるバージョンアップの手順を教えてください。

【事前確認事項】

まず、1号機、2号機機それぞれにコンソールからアクセスし、
redundantユーザーでログインし、同期ができているかをご確認ください。
(※ コンソールからのアクセスについては「ヘルプ」をご参考ください)

  (※「ヘルプ」は管理者ユーザーでログイン後、画面右上にございます。)

 

 

【バージョンアップパッチ適用手順】

1.Smooth Fileに対し管理者ユーザーでログインを行います。
2.「オプション」→「バージョンアップ」項目をクリックします。
3.バージョンアップパッチを選択後、「アップデート」ボタンをクリックします。
4.再起動を促すメッセージが表示されますが「キャンセル」をご選択の程、お願い致します。

※※注意事項※※
「4.」にてキャンセルを選択するようご案内しておりますが、
再起動が必要なバージョンアップもございます。
再起動の要否につきましてはリリースノートを一読いただけますようお願い申し上げます。

バージョンアップパッチは若番から順番にご適用いただく必要がございます。
※※注意事項※※

5.バージョンアップパッチを最後までご適用頂いた後、再度同期状態の確認をお願い致します。

 

 

【パッチ適用における注意事項】

アクティブ機側のみのご適用で更新内容がスタンバイ機側へも同期される内容の為、スタンバイ機側を切り替えるパッチ適用等は原則必要ございません。

しかしながら、スタンバイ機側への別途パッチ適用が必要な場合もございます。
その際はサポートサイトのバージョンアップ情報、パッチダウンロードサイトへ
注意文が記されますので、ご確認頂けましたら幸いです。

 

また、コールドスタンバイなど冗長化の構成によっては上記に限らない旨ご承知くださいませ。

 

製品TOPページへ戻る

Page Top