Smooth File 6

Smooth File 6 Ver6.15.0 リリース

2020年 06月 30日

本パッチは冗長構成で運用されている環境の場合、別途スタンバイ機専用パッチが必要となります。
冗長構成で運用されている場合は別途弊社サポート(support@plott.co.jp)までお問い合わせください。

 

【不具合の修正】

 

①ファイル共有機能にて、アップロード権限のないユーザーがファイルに対して、編集ロックをかけることが可能である不具合を修正しました。

②ユーザー一覧画面にて、「ユーザー名」項目でソートを行った際に、正しい順序でソートが行われていない不具合を修正しました。

③ユーザーインポート機能にて、フリガナが空であるADユーザーに対して必ずフリガナが変更できない旨のエラーが出る不具合を修正しました。

④ユーザーインポート機能にて、「上長承認用ユーザー」項目に同一ユーザーが重複して記載されている場合に、500エラーとなる不具合を修正しました。

⑤ユーザーインポート機能にて、「ログイン許可IP」項目に空白が含まれている場合登録したユーザーでログインが行えない不具合を修正しました。

⑥ユーザー間転送の個人アドレス帳登録画面にて、「所属企業」項目でのソートが行われない不具合を修正しました。

⑦全ての操作履歴の検索機能にて、作業内容をオプションによって表示を変更するよう修正しました。

⑧システム設定->統計情報機能にて出力される、各ファイルの容量に削除済みユーザーがアップロードしたファイルの容量が含まれていない不具合を修正しました。

⑨Fast Sanitizer連携機能にて、ファイル転送返信ファイルの無害化を行う際、無害化に失敗しても該当ファイルがダウンロード済みとなる不具合を修正しました。

⑩ある特定のファイルにて復号化に失敗する不具合を修正しました。

⑪各通知メールにて、添付ファイルがない場合でも「Content-Type」が「multipart/mixed」となる不具合を修正しました。

⑫IPアドレス又はドメイン名のみを指定しアクセスした場合に、Smooth File 6のエラー画面が表示されない不具合を修正しました。

⑬冗長構成の場合、正しい使用量が取得されない不具合を修正しました。

 

 

【機能の追加】

 

①「ファイル共有」「ファイル転送」「ユーザー間転送」の機能別に上長承認を行うかどうかの設定を行える機能を追加しました。
ユーザー毎に設定が可能です。「ユーザー作成」及び「ユーザー編集」画面から設定を行ってください。
また、「上長承認方法」で「上長承認を行わない」に設定している場合、設定項目は表示されません。
※「ファイル共有 上長承認」の設定は、プロジェクトの「上長承認者設定」で「ユーザーの上長」が選択されている場合のみ反映されます。
企業毎でのデフォルト値の設定も可能です。「企業作成」及び「企業編集」画面から設定を行ってください。

②ファイル転送登録時に、自動的にBCCに追加するアドレスの設定を行える機能を追加しました。
ユーザー毎に設定が可能です。「ユーザー作成」及び「ユーザー編集」画面から設定を行ってください。

③アンチウィルス定義ファイルバージョン出力機能を追加しました。
本機能により1日1回深夜に自動的にアンチウィルスの定義ファイル情報をsyslogに出力します。

④Temp Box連携オプション機能にて、パスワードの通知方法に「パスワードを自身に通知して送信先別情報一覧で表示する」を追加しました。

⑤Temp Box連携オプション機能にて、設定項目に「上長承認」を追加しました。
Temp Box連携時のファイル転送にて、上長承認を使用するか否かの設定が可能です。

⑥Temp Box連携オプション機能にて、設定項目に「ブラックリスト/ホワイトリスト」を追加しました。
Temp Box連携時のファイル転送にて、「ブラックリスト/ホワイトリスト」のチェックを使用するか否かの設定が可能です。
※Temp Box連携オプションは有償オプションとなり、別途Temp Boxの導入が必要になります。

⑦Fast Sanitizer連携オプションにて、設定項目に「ID・パスワードによる認証」を追加しました。
Fast Sanitizer連携時にID・パスワードによる認証を行うか否かの設定が可能です。
※Fast Sanitizer連携オプション有償オプションとなり、別途Fast Sanitizerの導入が必要になります。

 

 

【その他調整】

 

①マニュアルの更新を行いました。

②ユーザーインポート・ユーザーエクスポート機能について、ユーザー管理権限を持つユーザーでも利用可能となるよう調整しました。

③ファイル転送ダウンロード画面にて、送信されたファイルが削除済みであった場合、削除済みであるメッセージを表示するよう調整しました。

④ファイルダウンロードでエラーとなった際に表示されるエラー文言を調整しました。

⑤Temp Box連携時のファイル転送にて、Smooth File 6から返却されるエラーメッセージの言語を調整しました。

⑥脆弱性の対応を行いました。

 

 

【管理者側への影響、注意点】

 

①サーバーの再起動は不要となります。

②冗長構成の場合、バージョンアップ後にダッシュボードに表示されている使用量が増える場合があります。

 

 

【ユーザー側への影響、注意点】

 

なし

製品TOPページへ戻る

Page Top