Mail Defender

Mail Defender Ver1.7.1リリース

2022年 05月 06日

【機能の追加】

なし

 

【不具合の修正】

① ver1.7.0にアップデートすることによりメールシステムの自動起動ができなくなる不具合を修正しました。

 

[誤送信防止アプリ]

② 閉域網セグメントを登録し、インターネット側からアクセスしメールをクリックした時にダッシュボードにリダイレクトされる不具合を修正しました。

 

【その他調整】

① ホーム > システム設定 > API設定 において連携タイムアウト時間の最大値を180から600秒に変更しました。

 

[侵入防止アプリ]

② 侵入防止の保留メールは即時送信、遮断を禁止するようにしました。

 

【管理者側への影響、注意点】

① サーバーの再起動は不要となります。

② ver1.7.1にバージョンアップ後、システム制御画面にてメールサービスが「起動中」となっているかご確認ください。もし「起動中」となっていない場合はメールサービスの「起動」のラジオボタンをチェックし、実行ボタンをクリックしてください。

 

【ユーザー側への影響、注意点】

なし

 

製品TOPページへ戻る

Page Top