Fast Sanitizer

Fast Sanitizer ver1.7.6 リリース

2021年 06月 30日

【不具合の修正】

 

① RTFファイルの無害化で除去できないハイパーリンクがある問題を修正しました。。

② カスタムモードで「DDE」のチェックをつけて「OLE」のチェックを外している場合、Officeファイル内にOfficeファイルをリンクで貼って無害化するとファイルが破損する問題を修正しました。

③ 内部ログの自動削除処理が稀に二重起動され、後発の処理で削除対象が存在しないため失敗する不具合を修正しました。
※これに伴う意図しないアドレスへエラーメールが送信される不具合も合わせて修正しました。

 

【機能の追加】

 

① PDFファイルの無害化にハイパーリンク除去機能を追加しました。

 

【その他調整】

 

① マニュアルを改訂しました。
【管理者マニュアル】
「第15章 無害化 モード 設定」の「15.2 無害化 モード 設定」に「再暗号化」の文言変更
「第28章 注意事項・対応ファイル一覧」の「28.3 対応ファイル一覧」の「各モードで無害化内容が共通のファイル」の「PDF」に、「ハイパーリンク除去」を追加
「第28章 注意事項・対応ファイル一覧」の「28.3 対応ファイル一覧」で単体ファイルに対して「解凍パスワード」の記述を「パスワード」に変更
【ユーザーマニュアル】
「第8章 注意事項・対応ファイル一覧」の「8.3 対応ファイル一覧」の「各モードで無害化内容が共通のファイル」の「PDF」に、「ハイパーリンク除去」を追加
「第8章 注意事項・対応ファイル一覧」の「8.3 対応ファイル一覧」で単体ファイルに対して「解凍パスワード」の記述を「パスワード」に変更

 

② カスタムモードのOffice拡張子内「OLE」の項目を「OLE(office)」と「OLE(office以外)」に分割し、「描画」部分を抜き出しました。
※バージョンアップ前の「OLE」が、選択されている場合はバージョンアップ後は全てチェックが付いた状態に、選択されていない場合は全てチェックが付いていない状態になります。
※「描画」を選択し除去するとOLEのサムネイルも除去いたします。そのため「OLE(office)」と「OLE(office以外)」の選択状況に関わらずOLEの起動は出来なくなります。

③ カスタムモードに「PDF」の項目を追加しました。

 

【管理者側への影響、注意点】

 

① サーバーの再起動は不要となります。

【ユーザー側への影響、注意点】

 

① アップデート後、画面のレイアウトが崩れる等の事象が発生している場合は、ブラウザのキャッシュをクリアして頂きますようお願い申し上げます。

製品TOPページへ戻る

Page Top