File Defender

File Defender Ver1.4.6 リリース

2021年 03月 01日

【不具合の修正】
① 管理画面にて、LDAPユーザーがリトライ回数を超えてログインに失敗した場合でも、ログイン制限が掛からない不具合を修正しました。
② 管理画面にて、システム設定で設定しているパスワードの入力制約が効いていない不具合を修正しました。
③ 管理画面にて、ファイル編集画面のユーザー一覧に重複して表示される不具合を修正しました。
④ 管理画面にて、ユーザー登録時に表示される空白メッセージにより、処理を完了できない不具合を修正しました。
⑤ 管理画面にて、ファイル編集のユーザー欄に参加していないチーム名が出力される不具合を修正しました。
⑥ 管理画面にて、一部ページャーに「最初のページ」「最後のページ」が表示されていない不具合を修正しました。
⑦ クライアントアプリにて、最新バージョンでないのに最新であると表示される不具合を修正しました。
⑧ クライアントにて、確認ダイアログを表示する際に選択式のダイアログを表示している不具合を調整しました。
⑨ クライアントアプリにて、特定の条件下で暗号化ファイル以外のファイルを自動で暗号化してしまう不具合を修正しました。
⑩ クライアントアプリにて、一部※1のアプリケーションから平文で出力されてしまう不具合を修正しました。
※1 ペイント、Acrobat Reader DC

 

【機能の追加】
① 管理画面にて、ファイル操作(上書き保存/別名保存)がログとして登録されるようになり、管理画面より確認できるようになりました。
② クライアントアプリにて、暗号化ファイルを開く際に確認ダイアログを表示するようになりました。

 

【その他調整】
① 管理画面にて、アプリケーション情報のホワイトリスト設定を廃止し、アプリケーションが出力対応できる拡張子を設定するように仕様を変更しました。
② 管理画面にて、プロジェクト詳細画面でチーム参加登録を行った際に、登録完了件数を表示するように調整しました。
③ 管理画面にて、一部画面のUIを調整しました。
 ・ ログイン画面メッセージ画面
 ・ ファイル編集画面
 ・ファイル操作ログの詳細画面
④ クライアントアプリにて、暗号化・復号時にデスクトップ上のファイル位置がずれてしまう問題を修正しました。
⑤ クライアントにて、一部画面のUIを調整しました。
 ・ メイン画面

 

【管理者側への影響、注意点】
① システムの再起動は不要となります。

 

【ユーザー側への影響、注意点】
① アップデート後、画面のレイアウトが崩れる等の事象が発生した場合は、ブラウザのキャッシュをクリアして頂きますようお願い申し上げます。
② クライアントのバージョンアップには、ログイン時に通知が表示され、そこからアップデートができます。元のバージョンに戻す場合は、ログイン後の設定画面から「復元」を行ってください。
※クライアントをアンインストールする必要はありません。

製品TOPページへ戻る

Page Top